Case study 導入事例

Procurement Distribution 調達物流

販売物流

導入前の状況

供給メーカーからの個別納入により、納入車両が多く検収チェックに手間が掛かると同時に、場内事故防止と環境対策に苦慮していた。 また、工場内の在庫スペースが膨らみ生産スペースを圧迫していた。

1お客様の課題点

①工場内の環境対策、安全管理

②事務工数、受け入れ人員の削減

③工場内の在庫スペースを縮小

2提案内容

①一括納入

弊社調達物流センターを通じ、弊社配送便により一括納入することにより、 お客様の工場への納入台数を大幅に減少させる。 検収業務が統一した伝票で一括に出来、検収担当者の工数削減が出来る。

②指定場所への納入

工場のラインサイドへ納入する事により、受け入れ担当者が削減できる。

3改善効果

納入車両の大幅減少により、環境が改善された。

定時間に一括納入するため、検収チェックの効率化が可能になった。

ラインサイドへの納入により受け入れ作業者が削減できた。

在庫削減により資材倉庫を生産スペースに変えることが出来た。