Case study 導入事例

WMS WMS

販売物流

導入前の状況

ロケーション管理、棚管理等が行われておらず、作業者の経験や勘に頼った管理形態となっていたため、誤入庫誤出荷が有り事故差異が発生。 長期在庫により有効スペースが不足していた。

1お客様の課題点

①作業の標準化

②倉庫スペースの有効活用

③検品精度の向上、誤出荷の防止

2提案内容

①弊社WMS導入(弊社倉庫管理システム導入)

お客様のパソコンから、弊社社内ネットワーク(高速ブロードバンド)を通じ、弊社倉庫サーバ、倉庫システムを通し、HTに入出庫情報を送ることにより、入力作業の大幅な削減と、在庫管理の精度の向上をはかる。 またロケーション管理、HTの導入により作業の標準化を図る

3改善効果

正確な入出庫情報の取り込み、倉庫内のロケーション管理や検収作業の標準化が可能となり、事務作業の入力ミス、入出庫ミス、検品検収ミスが無くなり在庫管理の精度が向上した。