Service 事業・サービスのご案内

Procurement Logistics 調達物流

調達物流

必要資材を各サプライヤーから一括調達 効率アップに直結

原材料や部品・資材などをいかに合理的に調達できるかが、スムーズな物流のキーポイントとなります。
必要資材を各供給会社(サプライヤー)から個別に調達するのではなく、各会社からの荷物を調達物流センターに一度すべて集め、
1台のトラックにまとめて工場へ一括配送。物流コストの削減、作業効率アップに直結します。
例えば資材受け入れ倉庫の在庫が減るため、省スペース化が実現。
空いたスペースの有効利用で生産性アップが実現します。
また、一括入荷で受入れ作業回数が軽減するため、本来の業務に専念できます。
さらに資材納入業者の不定期な入車がなくなり荷受場所が混雑しません。
入庫車両数が少なくなるため排気ガスも減少します。

原材料・部品を個別納入 ・不特定多数の物流業者が出入り
・納入車両台数増による構内事故、環境汚染
・不定期(不定時)な個別納入

原材料・部品の一元管理 ・現状の物流コストを削減し、運用することができます。
・一括納入により、工場内への入場車輌が大幅に減少し、車輌事故、CO2削減等環境問題にも寄与します。
・定時間に納品の為、検収チェックの効率化が図れます。
・工場内在庫管理削減により、スペースの有効活用が可能です。

Supply Chain Management SCM事業